ペット供養が増えている理由と火葬の種類を知ろう

catfood.net

ペット供養を行なう時

最近はペットを家族と認識する方が増えています。なのでペットが亡くなった時には、きちんと供養をする方が増えてきています。ですがペットの供養という言葉は知っているけど具体的なことを知らない方は多いと思います。ここからはよく利用されている火葬方法をランキング形式で紹介していきます。

人気の火葬方法ランキング

no.1

1.立会個別火葬

立会個別火葬とは自分でお骨上げを行なうので最後までペットと一緒にいたいという方が多く利用しています。費用は大体4万前後になっているので他の火葬に比べると少し高めになっています。ペットが好んでいたものを納めることが出来ます。

no.2

2.一任個別火葬

一任個別火葬は自分でお骨上げを行なうのではなく葬儀業者にやってもらいます。なので自宅が遠くても火葬を行なうことが出来るので自宅周辺にペット用の火葬場がない方がよく利用している火葬になります。費用は3万前後になっています。

no.3

3.合同火葬

合同火葬は他のペット達と一緒に火葬されて同じお墓に入ることになります。合同火葬を利用する方は複数のペット達と火葬されるので寂しくならないという考える方が多いです。費用は3万前後になっています。

ペット供養の増加

猫

火葬後の骨はどうするの

ペットを火葬した後はほとんどの方が骨を持ち帰ります。その理由としてペットは家族という考えが強くなってきていることと火葬車が増えてきているので、自宅の前で火葬を行ないそのまま骨を受け取る方が多いからだといえます。他のペット達も眠っている霊園に骨を納めたいが自宅周辺になく仕方なく骨を受け取る方もいます。

家族の一員として認識されている

現在飼育されている犬と猫の数を合わせると3000万匹程度といわれています。また室内でペットを飼育しているのは全体の80%なので日常生活をおくるにあたってペットの存在は欠かせなくなっています。こうした理由からペット供養が増えています。ペット供養が増えていくにつれ、その種類も増えているのでペットと自分に合わせたやり方で行ないましょう。

広告募集中